トカゲは考える

うちには3匹のペットがいます。みんな種が違う。

ヒョウモントカゲモドキの兵長は男の子。1歳になりました。我が家の一番の古株です。

シナモン文鳥のこむぎは女の子。まだ生後半年です。

キンクマハムスターのきなこは男の子。こちらもおよそ半年かな。

寿命的には、トカゲが一番長生きです。10年くらい。次が文鳥で7年くらい、ハムちゃんが短くて2年くらいですかね。

爬虫類ってどんな感じなんだろうって思ってたんだけど、もともと思ってたよりだいぶ個性があるなって思いました。性格っていうか人格っていうか。そういうの垣間見れると、この子もなにか考えて生きてるんだなって思います。

一番手間暇かけずにお金もかけずに飼えるペットがヒョウモントカゲモドキです。愛嬌もある。温度管理だけ必要で気を遣いますが。基本的には引きこもりなんで、普段はそっとしています。

キンクマのきなこは、おっとりしてます。ボーッとしてるところを見るのが多くて、ハムスターのイメージとしては、せわしない感じだったんですけど、それにも当てはまらない。食欲よりも睡眠欲で、きなこも基本的には引きこもりです。私が急に触っても、持ち上げても驚くことはなくなりましたが、最初はひっくり返って驚いてました。漫画みたい。今後もベタ慣れにはおそらくならないだろうっていうキャラクターです。それでも噛まないから、のんびりしてる。非常に。

お世話的には、一番たいへん。ケージがでかいので、週1の掃除がけっこう大仕事です。飼育費用も一番かかっています。ハムスター飼うの簡単って、いろんな人に言われたけど、私はそう思わない。けっこう大変でお金もかかります。温度管理もなかなか大変。

ハムスターは2代目飼うか?と聞かれたら、たぶんきなこが最初で最後だと思う。

ペットを飼う理由って、人それぞれあると思いますが、私はけっこう理由が特殊で、癒やし!とか、寂しいから!とかでなくて、知りたいっていうのが根底にあった。観察。実際、巷で言われてる情報と違う部分もたくさんあったし、イメージしてた部分ともけっこう違った。

ペットたちとの距離感はけっこうドライかも。ちゃんと可愛いけど。でもまあ、小動物に関してはそれくらいの距離がいいんじゃないかとも思ってます。触れ合いが好きな子達とも限らないので。

でも文鳥は、ただただ可愛い。鳥を飼う一番の醍醐味は、飛ぶところかなって思う。感動する。文鳥は、人間にベタ慣れする個体が多いと思うのですが、基本的に私の体のどこかにいます。

肩とか腕に止まって羽繕いするんですけど、風がすごいきて気持ちいです。身体構造見放題。

自由に飛べて、どこにでも行ける生き物が、あえて人の近くを選んで止まってるって素敵です。

文鳥はお世話もラクです。エサ代もほとんどかからず、日々のお世話は10分ほどで終了。よく懐く。コスパが非常に良いです。

実際に飼ってみて、いろいろ一番驚いたのも、やっぱり鳥さんでした。一番よく目にしてきた動物だけど、間近で見るにはやっぱり自分で飼うしかないからね。インコに至っては、更に喋れるってなんですかねこの生き物。

インコも欲しいけど、文鳥は気が強いみたいで、あとからきた鳥さんとすぐ仲良くできるタイプじゃないらしいので、当分は1羽飼いです。

犬も飼いたいけど、犬は飼ってたから知ってるっちゃ知ってるんですよね。猫はアレルギーだしな。

さて今日はまた仕事っす。休日出勤だ!7連勤だ。休日出勤も残業も復活しました。このままコロナの影響、今後もありませんように・・・。けっこうやっぱり契約切られてる人もけっこうおりますので。他部署では。

仕事あるのがありがたい。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です