ハムスターの世界

お迎え

 

きゃわきゃわです。もうでろーんって形状になるのが謎。かわいい。ジャンガリアンはとける。

お名前はおこめちゃんです。男の子です。わりと育ってる個体だったので、お安かった。生後2ヶ月半っていってたかな。カラーが少し変わってて、一目惚れでした。優しい色で素敵。ベビーからじゃないので、家にあるペレット食べてくれるか不安。でもお店であげてたのは、ハイカロリーのやつだった。あれあげていったら、ブクブクになってしまう気がするので、ペレット頑張って食べてもらう。

ハムスターの長生きの秘訣は、粗食だそうで。

生体代は1500円。ハムちゃんはお安いです。でも設備投資費がかかるんですよね。初期投資が。でもキンクマちゃんよりは、安かったな。ケージがもう飼育セットで売っていて、5000円くらいでした。備品つき。

キンクマは、ゴールデンハムスターの改良種になるんですけど、大きいんですよ。なのでケージもでかいし、備品も買い足さないといけなかったし、飼い始めたのが冬だったので、暖房設備ときなこ本体もいれて、2万円くらいかかった記憶。ジャンガリアンのおこめちゃんは、1万円でお釣りがきました。

しばらくは見てるだけの日々となります。環境に慣れてくれるまで。あー、カワイすぎる。辛い。走り回る姿に感動。先住のきなこはんは、寝てるだけなので。

おっとりのキンクマ。活発なジャンガリアン。どっちも良いですけどね。おこめは機敏すぎて、捕まえられる気がしないですもん。きなこは捕獲が容易です。

きなこが巣から出てこない問題を解決するべく、新しい巣を買いました。

今のところ使ってくれないけど。

でも隠れられる場所を一個入れておけば、とりあえずいいかなと思って、もともとあった巣箱は撤去いたしました。スパルタ。でもね、もうおしっこまみれだったんですよ。

巣箱が広いと、その中で、トイレと寝床と貯蔵庫を作ってしまうそうで、そこで生活が完結してしまうらしいのですね。それで出てこんのか!って、違うかもしれないけどトライしてみることにしました。とりあえず外で寝てるので、寝姿は見れるようになりました。可愛い。でも本当によく寝るわこの子。いつ起きてるんだろう。

 

こむぎは、私がおこめのケージをセッティングしてたり、わちゃわちゃしてるのを遠巻きに見てました。文鳥は、新しいものや場所への警戒が強いです。怖がりです。新入りとの距離をかなり取って見守っていました。しかも私が呼んでも、手を近づけても避ける。私のことも気に入らないようです。ごめんね、君にもおみやげ買ってきたよ。

こむぎが、雛のときに使ってたTバーチを買い足し。これが彼女はお気に入りで、雛時代から使ってるのは、鳥かご内にもあるんですけど、外置きようにも一つ買ってきました。なんか知らないけど、これ好きなんですよね。文鳥は、ご機嫌だと低い声で鳴くんですけど、ずっと鳴いてた。本当に可愛い生き物だ。

かわいい。なんかうちの生き物、みんな似た色合いしている。こういう色が好きなんですね、私。

それにしても、飼育部屋がカオス。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です