GOTOキャンペーンを検討した一瞬間

 

おニューのソファー。いい感じです。オットマンつき。サイドテーブルが欲しいですね。脚立が代役中。満足なり。早速こむぎがうんこしまくりです。うんこされても、目立たない色でよかった。

犯人は、毛づくろいに勤しんでおります。

実家に用事があって出向いたら、親にGotoキャンペーンの割引について力説される。あんたが好きな京都も大阪も安いよ!って教わる。マジか~って調べたら、大阪なんて1万5千円でした。一泊2日の宿付きで。やっすーい。

なんか行っちゃおうかなーって揺れましたよね。色々と調べちゃったよね。長崎もリベンジしたいですし。軍艦島行けなかったですし。何よりも、ちゃんぽん食べたいんです。水筒で持ち歩きたいレベルのスープのちゃんぽんを再び。まあ、長崎は4万円からって感じでしたね。

決済画面まで進んで立ち止まった。ううう、べ・ベッド…。ベッドに費やすべきか、この金を。。。て。決済しませんでした。

はあ、お金持ちになりたい。

ベッドは色々とまた探しまして、無印の脚付きマットレスで落ち着きそうです。これがまたフローリングじゃなくて畳だったらマシなんでしょうけどね。床生活も1年が限界でございました。

そうそう、実家でキンプリのライブ配信みてきました。

私の家のWi-Fiが、昨日映画みまくったせいで速度制限に引っかかりまして、急遽実家へ。実家で無事に見れました。ああ、よりによってこんな時にって焦ったー。

相変わらずキラキラしていらっしゃいました。でも無観客の中で、通常通りのパフォーマンスを求められるのはテンションの維持、大変なんだろうなって思いましたよ。こっちはちゃんとみてるんだけど、向こうは手応えなにもない状態ですものね。

若かりし頃は、プロ・アマ問わずでライブハウスにけっこう行っていたので思うんですが、双方で作り上げていく空気ってありますもんね。ライブハウスだと誰の見たのが最後だったっけな。バックホーンかな。

でもこういう形のエンタメは、今後も増えていくんでしょうね。実際のホールの収容人数よりも、集客できるわけだし、チケット代も決して安価でもないですし、興行的には美味しい形態になってるのかな。なってたらいいけど。音楽業界もエンタメ業界も大打撃だったぶん取り戻して欲しい。

でも、やっぱ生で見たい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です