甘えん坊な鳥

やたら甘える日がある。かわいい。鳥って甘えるんですよ。やばない。めっちゃ可愛い。

このモードに入ると、触り放題触らせてくれます。ふわふわの頭なでくりまわしても嫌がらない。可愛い。そして絶対手から離れないマンになります。はあああああ、可愛い。大好き。

眠くなってくると脚がポカポカしてくるからすぐ分かるし。バレバレで可愛い。

昼間はほとんどお留守番で、1日カゴにいるから、もう1羽お友達を作ろうかなーって思わなくもないのですが、オスメスで番になったら増えてしまうしなーとか、色々考えるよね。この子にとってのベストはなんだろう。小鳥は雛から育てる方がいいんですが、その頃から飼うと性別って分からないんですよね。

文鳥も性格がすごい違うみたいですね。

その点でいくと、こむぎは大人しい方に入るんだと思います。穏やかだと思われる。マジ切れするのって換羽で苛々してる時くらいかも。甘えん坊だし。

雛パッキンなくなっても、しばらく挿し餌だったので、ほんと甘えん坊。一人餌への移行にマジで苦労しました。YOUTUBEで文鳥が一人餌してるとこ見せて、一人餌にさせることに成功しました。すごない?YOUTUBE凄いのよ。ビデオ見て学習する小鳥もすごい。小さい小さい頭の中に、立派な脳があるんだなって思いましたよ。

こんなに触れる生き物だとも思ってなかったし、こんなに愛情をくれる生き物だとも思っていなかった。頭もいいから、色々認識した上でちゃんとコミュニケーション取れるし。

何より特別な感じがあります。私だから触らせてくれる、甘えてくれるっていう、あなたは特別っていうのが素敵です。

なんかね、他にもこういうことってたくさんあるんだろうなって思うのよ。

私はまだ知らないけど、他の人は知っている、素敵なこと。こういう出会ってまだこれからもたくさんあるんだろうなって思うと、楽しいなあって思いますね。今週は連休だ。飲み会だ。楽しみだ。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です