卵を産んだ文鳥とその後と犬をお迎え

うちのこむぎちゃん、生後約10ヶ月にして、卵を産みました。危惧していたとおりです。

今回産み落としたのは2個でした。初産は数が少なく終わるそうですね。すごい安産でよかったです。でも産んだ直後はめちゃくちゃ疲れている。もうなんか人で言うと10歳くらい老けてる。通常1度の産卵で6個くらい産むようなので、毎日1個生むたびに疲労困憊×6回とか思ったら、体力面でやはり心配になりました。

今年はもう発情させないように極力気をつけたい。成功しそうだけど。というのも、体重の増減でその日に産むのかだいたいわかる感じで、産む時間帯も午前中から昼過ぎに集中するようなんですね。平日に生みそうだったら、仕事早退して様子みようと思ってたので、朝の体重測定をけっこうしつこく迫ってたんです。

その反動が産後にきたみたいで、現在、手が嫌いな文鳥になってしまいました。泣く。本当に2日くらい避けられまくって、カゴに戻すのも苦労しました。自分から戻るように仕向けないと、ますます手が嫌いになるので、頭使ったよね。

今は徐々に関係は修復しつつありますが、手に乗るかどうかはこむぎの気分しだいです。以前は手を差し出せば喜んで飛び込んできていました。

鳥さんは頭いいし好き嫌いもちゃんとあるし、感情もちゃんとあるよね。まあ、好きにさせております。でも再構築の過程も楽しんでおります。見守り中です。

今月の無料ネイル。かわいい。通ってるジムの特典です。でも今月から会員数激増のため予約争奪戦が苛烈し、抽選になりました。今月は当選したけど、落選したらオフは自分でってことになるんですが、できる気がしない。

卵さま。なんと2個めは、私の手の上で産みました。それほどこむぎにとって、安心安全の場所だったはずのお手々が大嫌いに。悲しい。

そうそう、わたし、犬を飼います!たぶん飼います。でも周りが誰も信用してない。笑

私はその時の気分で、色々と現実がかたまってなくてもポンポン言ってくタイプなので、数日後には違うこと言ってることを皆さん実によくご存知で、今回もまったく信用されていないんですけど、わりとマジ寄りな感じ。

私も本当に飼うのかなって思ってたり思ってなかったりする。でもワンコって、ペット界でいったらもう、人間のお子様なみの存在ではないですか。お金とか手のかかりようの面でも。気持ちだけじゃ飼えないし、いろんなタイミングが噛み合ってはじめて飼える存在だと思うので、タイミングが噛み合えば飼います。

ブリーダーさんにも問い合わせかけてるんですが、今ってコロナで史上空前のペットブームのようで、どこもしばらく待つ感じです。でも全然いいけど。

希望の犬種は、イタグレかトイマンチェスターテリアのどっちかが良くて。イタグレは有名なブリーダーさんが山梨にいらっしゃるんですが、そっちは本当に年内にお迎えできるかどうかってくらい待ってる人が多いようです。ブリーダーさんの信念のおかげでそこめっちゃくちゃ安いんだよ。ペットショップで飼う値段で2匹買える。そりゃイタグレ欲しい人は殺到する。

最初はイタグレ一択だったんですけど、トイマンチェスターテリアも候補に入りました。

イタグレのシュッとした感じすごい好きなんですけど。トイマンも犬っぽい犬ですごい好き。

最初の最初はミニピンが良かったんです。ビジュアル的に。でもミニピンと小動物は相性があんまりよくなさそうで除外したんですね。でもミニピンとトイマンって、めちゃくちゃビジュアル似てるのに、性格が全然違うみたいで、トイマンならこむぎとも一緒に飼えそうってわかったので、イタグレからそっちに気持ちがうつっています。

私も結局大本命飼うべきだと覚悟決めたっす。

小動物とか爬虫類とか小さいのたくさん飼っても大本命に憧れ続ける気がしてる。インコ飼う気でいたんですけど、インコも飼いたいけど、やっぱこむぎがいると考えちゃうんですよね。文鳥との相性が合う鳥ってあんまりいない。

でも色々とペットを飼ってみて思ったのが、私は自分が思ってたよりだいぶ責任感も義務感も愛情も強かった。わりと本当に命の危機的状況にならないかぎりは、終生飼育は絶対すると思えたのが一番大きい。お金がないならどうにかするだろうし、時間がないなら捻出するだろう。そしてそれを苦と多分思わない。そういう自身に対する信用ですね。

それをくれたのが、きなことおこめとこむぎと兵長です。4匹がいたから、ワンコがお迎えできる。

コロナで失職しない限りはたぶん叶う夢です。楽しみだな。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です