一人暮らしで犬を飼うこと

犬を飼おうと決意を固め、着々と準備は進んでおります。

まず大家さんへの許可。即答でOK。敷金1ヶ月ぶんを差入することで合意。こういうとき、家賃の低さがまじで助かる。3万5千円なんで。

ペット可で、ほんと超安いと思うわ。欠点もあるけど、だいたいこの安さでカバーされてしまうのです。2部屋とリビングが別にあるんで広いし。周りのアパートの住人も犬飼ってるんですけど、横からも下からも生活音がほぼ聞こえないんである程度防音がきいてるっぽいし安心です。

ブリーダーさんに問い合わせし、的をしぼり予約。おそらく数ヶ月は待つことになるかと思われます。順番待ちだそうです。理想はGWあたりがいいんだけど。

そして職場への根回し。犬飼ったら、たぶんけっこうおやすみするんで。お迎え直後は特に。まだ迎えてもないのに同僚にも上司にも言いふらしてあります。最低でも2週間は休むと宣言しております。とても言い出しやすい環境で、わたし今の職場が本当に好きだよ。ペットごときでと言う人はいない。優先順位はそれぞれ違うよねってちゃんと皆わかってる人たちです。

居場所を作りながらもある程度自由に振る舞ってきたこと。自分を軸において、主体的に生きてきたこと。でも人も好きで、柔軟に混じりあえてきたこと。今けっこう全部がつながってきてるイメージで、過去イチで生きやすい。

実家で犬を飼ってたから、わかるけど、ワンコって本当に大変だよね。特に病気したときとか、老いたとき。老犬介護を経てきてるから知っている。でも一人でぜんぶ背負うことないと思うん。本当に本当に大変なときには、私は使えるものは全部使う。身内でも友達でも仲のいい同僚でも、施設でもなんでも。

助けて欲しいって困ったときにちゃんと言えて、助けてもらえるような関係を自分の周りに作っていくことって、たぶんとても大切なんではないかと思うんです。これは何に対してもそう。

けっきょく人だよ。最後に自分を救うのは自分が構築してきた周囲の小さな人間社会です。これからはSNSとかでもいいのかもしれないけど、でも実際はたぶんリアルなやつ。リアルな人間社会。生身での付き合いは大事だ。

もういっこは自身がいつまでも魅力的であること。死んだように生きてなければ、何歳になってもどんな外見でも、人は寄ってきてくれます。それに対して誠実であること。

今後も心がけようと思っている。

犬を飼うことは大変だ。でも行動範囲や交友関係はまた新しく広がっていくだろうし、犬は可愛いだろうし、返ってくるものも倍々でしょう。

そして万が一も考えている。万が一万が一、1%でも飼えなくなってしまった時も考える。この世に絶対はないから。だからワンコの躾には本気だそうと思うの。なんならプロも使おうと思ってるし、子犬期の社会化には尽力しようと思っている。もし手放すことになった場合、誰にでも愛嬌ふるまえるお行儀良い子のほうが大事にしてもらえるでしょう。

楽しいな。楽しいね。人生って楽しい。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です